ペットのお葬式お墓は大丈夫?

廿日市ペット霊園では、きちんとした供養のしにくいお手元葬の遺骨を全国からお預かりし、春秋のお彼岸に法要を営ませていただいております。またいつも身近に置いておきたい方には、メモリアルケース(無料)による分骨をおすすめしておりますので、ぜひご利用下さい。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

廿日市ペット霊園 おすすめキャットフード

廿日市ペット霊園
ペット霊園写真HP2

住所:広島県廿日市市大野中山500-1
電話番号:0120-4194-29

キャットフードといってもたくさんの種類があります。
ドライフード、ウェットフード、特別療法食、おやつ用などなど
ドライフードとウェットフードもさらに細かく分けられます。

■総合栄養食
このタイプのフードと水があれば、猫が必要とする栄養素を
すべて満たしている食事になります。毎日の主食として、
このフードをメインに与えてください。
ほとんどのドライフードはこの「総合栄養食」です。

■間食(おやつ、スナックなど)
猫の気分転換のおやつやご褒美として少量与えるものです。
これだけでは猫の栄養素を満たすことができませんし、
嗜好性の高いものが多いので、あげる時は時間・量を決めた方が良いでしょう。
1日あたりの必要カロリーの20%以下に抑えることが基本です。

■目的食
毛球ケア、歯垢がつきにくくなる、胃腸の弱い子用、
妊娠・授乳期用、アレルギー対策用、猫種別様専門フードなどがあります。
猫によって必要と思われる場合は、それぞれのフードをご利用ください。

■獣医師が処方するフード
何らかの疾患を持っている猫にあわせた療法食で、獣医師により処方されるフードです。心臓病用、腎臓病用、肝臓病用、糖尿病用、肥満用、下痢用、泌尿器症候群用、結石用、低アレルギー用など、色々あります。

■ドライフード
水分含有量が10%以下の固形タイプのキャットフードです。
最も栄養のバランスがとれたキャットフードもドライフードです。
適度に硬いため歯周病の予防にもなります。
価格も安く、いたみにくいので通常の餌に最適です。
エクストルーダーという特殊な加圧押出し機を使用して作られますが、
粒状のもの、フレーク状のものなど形は様々。

歯に歯垢がつきにくいという点では他のタイプのキャットフードに比べると
最も優れているでしょう。水分含有量が少ない分、お水を一緒に与える、
またはふやかすなどして水分を補給してあげてください。

■セミモイストフード
水分含有量が25~35%程度のフードで、指で押すと
柔らかい感じがよくわかると思います。
押出し機などで作られますが、ドライフードのように膨らませたり、
乾燥はさせていません。水分を保つための湿潤調整がなされており、
放っておくと水分がとんで硬くなってきますので、保存状態にはそれなりの注意を。

■ソフトドライフード
水分含有量はセミモイストフードとほぼ同程度。
セミモイストフードと異なる点はドライフードのように
膨らませてあるということ。乾燥させてはおらず、
水分もやや多く含むのでカビも生えやすいですから、保存には注意しましょう。

■ウェットフード
75%以上の水分を含むフードで、缶詰、レトルトタイプ、
アルミトレータイプなどがあります。
猫の食いつきが最も良いフードで、猫にとってはさながら豪華ディナー。
食欲不振の猫に食事を摂らせるのに重宝します。
栄養価が低いので、ドライフードと混ぜ合わせて与えることで、
栄養のバランスを補うことができます。

肉や魚肉を原料にしたオールミートタイプと、
それらの肉に野菜やビタミンなどを加えたレーションタイプがあります。
未開封であれば長期保存ができますが、開封後は
日がもちませんので残ったものは冷蔵庫に入れ、早めに使いきるようにしてください。

また、目的毎にも最適のフードが違います。
一般的に普段の食事は総合栄養食、
時々のごほうびやおやつに間食、
ダイエットや肝臓病の治療などの目的食があります。

■総合栄養食
ドライフードやウェットフードのなかでも総合栄養食とよばれる、
そのフードと水のみを食べて暮らしても、
犬にとって必要な栄養素が得られるキャットフードがあります。

これはペットフード公正取引協議会が定めた基準を満たしているフード、
もしくは、ペットフードに含まれる栄養成分が
栄養基準を満たしているフードです。

ペットフードに関する栄養基準については、
AAFCO:アメリカ飼料検査官協会の基準が世界的にも採用されており、
日本のペットフード公正取引協議会でもAAFCOのものを取り入れています。

子猫期→成猫期→妊娠授乳期→高齢期 という
ライフステージによって必要栄養素が違いますので、
年齢に合ったものを選びましょう。

◆子猫用
生後3~4週間を過ぎたあたりから、子猫は哺乳期から離乳期へと移行します。
この時期になれば、子猫は自らミルク以外の食べ物に興味を持ち始めます。
体重も生まれたときの3倍近くになります。
それに合わせて餌も子猫用の離乳食に移行してください。

市販の子猫用離乳食がない場合は、
ドライフードに猫用のミルクを混ぜて
ふやかした物で代用することができます。

7週間を過ぎたあたりから、離乳食を子猫用のドライフードに移行していきます。
最初は子猫用のドライフードになかなか食いつきません。
離乳食とドライフードを混ぜて与えるようにしてください。
そして徐々に離乳食の量を減らしドライフードに移行します。

生後6ヶ月も経てば、子猫はほぼ成猫と同じ体重になります。
ただし、まだまだ成長期のですので、成猫より沢山のカロリーが必要です。
生後1年までは、高カロリーの子猫用キャットフードを与えるようにしてください。

ドライフード

画像がうまく表示されないときはコチラ
キャットフード ドライフード 子猫用

ウェットフード

画像がうまく表示されないときはコチラ
キャットフード ウェットフード 子猫用

◆成猫用
生後1年を過ぎると、猫はりっぱな大人の成猫です。
この頃から、子猫用の餌を終わり通常の成猫用キャットフードに切り替えます。
成猫用のキャットフードであれば、基本的にはドライフード、
ウェットフードのどちらでも構いません。またその両方でも良いでしょう。

ただしウェットフードだけをやり続けると、栄養が偏る心配があります。
ウェットフードに栄養のバランスの良いドライフードを混ぜてあげるか、
ドライフードを主体に、たまにウェットフードをあげるようにすると
猫が健康を損なう心配がありません。

特に問題がない場合、老猫になる8~10年を過ぎる頃までこの方法で餌をあげるようにします。

ドライフード

画像がうまく表示されないときはコチラ
キャットフード ドライフード 成猫用

ウェットフード

画像がうまく表示されないときはコチラ
キャットフード ウェットフード 成猫用

◆高齢猫用
生後8~10年を過ぎると、猫は高齢期に入ります。
猫も人間と同じように歳をとると、様々な病気を患いやすくなります。
早い段階での食事による健康管理を行いましょう。

まずキャットフードは、老猫用(シニア)に切り替えます。
歳をとると運動量が減りお腹が空きにくくなるため、
餌への食いつきが悪くなりますが、必要な栄養は与えていかなくてはいけません。
老猫用(シニア)キャットフードは、歳をとった猫に必要な栄養素が含まれ、
食べやすい味に作られています。猫によって老化の進行は違いますが、
できるだけ早い段階で老猫用(シニア)キャットフード に切り替えるようにしてください。

さらに老化が進むと、歯やアゴの力が弱くなり、
ドライフードを食べることが難しくなります。
水でふやかして柔らかくするか、ウェットフードに切り替えましょう。
ウェットフードに切り替える場合は、栄養のバランスを考慮し、
水でふやかして柔らかくしたドライフードを混ぜて与えると良いでしょう。

ドライフード

画像がうまく表示されないときはコチラ
キャットフード ドライフード 高齢猫用

ウェットフード

画像がうまく表示されないときはコチラ
キャットフード ウェットフード 高齢猫用

■間食(おやつ)
煮干し、鰹節、スープなど、いわゆるおやつです。
おいしいので、こればかり欲しがりますが、
いつものご飯に飽きてきたら混ぜてあげるのがいいようです。


画像がうまく表示されないときはコチラ
キャットフード おやつ

■目的食
「一般食」「副食」「カロリー補給食」「栄養補完食」などの表示があり、
嗜好を高めたり、特定の栄養の調整、
カロリー補強などがしてあるものを指します。
使用している素材を限定したり、栄養素を調整した、
病気に対応するための特別療法食というものもあります。


画像がうまく表示されないときはコチラ
キャットフード 特別療法食

猫の年齢に必要な栄養素やカロリーを考えると
猫の年齢に合った食事をあげたいものです。
ペットの健康は食事と運動から。
適切な質と量の食事はフード選びから。
スポンサーサイト

| フード | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

廿日市ペット霊園 おすすめドッグフード

廿日市ペット霊園
ペット霊園写真HP2

住所:広島県廿日市市大野中山500-1
電話番号:0120-4194-29

ドッグフードといってもたくさんの種類があります。
ドライフード、ウェットフード、特別療法食、おやつ用などなど
ドライフードとウェットフードもさらに細かく分けられます。

■ドライフード
水分含有量が10%以下の固形タイプのドッグフードです。
開封後に保存できる期間も長く、経済性に富んでいます。
エクストルーダーという特殊な加圧押出し機を使用して作られますが、
粒状のもの、フレーク状のものなど形は様々。

歯に歯垢がつきにくいという点では他のタイプのドッグフードに比べると
最も優れているでしょう。水分含有量が少ない分、お水を一緒に与える、
またはふやかすなどして水分を補給してあげてください。

■セミモイストフード
水分含有量が25~35%程度のフードで、指で押すと
柔らかい感じがよくわかると思います。
押出し機などで作られますが、ドライフードのように膨らませたり、
乾燥はさせていません。水分を保つための湿潤調整がなされており、
放っておくと水分がとんで硬くなってきますので、保存状態にはそれなりの注意を。

■ソフトドライフード
水分含有量はセミモイストフードとほぼ同程度。
セミモイストフードと異なる点はドライフードのように
膨らませてあるということ。乾燥させてはおらず、
水分もやや多く含むのでカビも生えやすいですから、保存には注意しましょう。

■ウェットフード
75%以上の水分を含むフードで、缶詰、レトルトタイプ、
アルミトレータイプなどがあります。
肉や魚肉を原料にしたオールミートタイプと、
それらの肉に野菜やビタミンなどを加えたレーションタイプがあります。
未開封であれば長期保存ができますが、開封後は
日がもちませんので残ったものは冷蔵庫に入れ、早めに使いきるようにしてください。

また、目的毎にも最適のフードが違います。
一般的に普段の食事は総合栄養食、
時々のごほうびやおやつに間食、
ダイエットや肝臓病の治療などの目的食があります。

■総合栄養食
ドライフードやウェットフードのなかでも総合栄養食とよばれる、
そのフードと水のみを食べて暮らしても、
犬にとって必要な栄養素が得られるドッグフードがあります。

これはペットフード公正取引協議会が定めた基準を満たしているフード、
もしくは、ペットフードに含まれる栄養成分が
栄養基準を満たしているフードです。

ペットフードに関する栄養基準については、
AAFCO:アメリカ飼料検査官協会の基準が世界的にも採用されており、
日本のペットフード公正取引協議会でもAAFCOのものを取り入れています。

子犬期→成犬期→妊娠授乳期→高齢期 という
ライフステージによって必要栄養素が違いますので、
年齢に合ったものを選びましょう。

◆子犬用
グロースともいいます。成長期の子犬には、
たくさんの蛋白質やカルシウムなどの
栄養素とカロリーが必要になりますが、
一度に食べられる量はかなり少量です。
そのため、仔犬用のドッグフードは、
他のフードに比べて栄養価が高いのが特徴です。

ドライフード

画像がうまく表示されないときはコチラ
ドッグフード ドライフード 子犬用

ウェットフード

画像がうまく表示されないときはコチラ
ドッグフード ウェットフード 子犬用

◆成犬用
メンテナンスともいいます。
1~5才くらいの犬に必要な栄養素が含まれています。
1才をすぎて、体の成長が止まってきたら、
成犬用のフードに切り替えましょう。
犬種や犬の体重によって与える量が変わりますので、
パッケージの給与量をよく守って与えてください。

ドライフード

画像がうまく表示されないときはコチラ
ドッグフード ドライフード 成犬用

ウェットフード

画像がうまく表示されないときはコチラ
ドッグフード ウェットフード 成犬用

◆高齢犬用
シニアともいいます。犬も年をとると活動量が減ってきます。
そのため、高齢犬用のフードは蛋白質や脂肪分が少なめで、
カロリーが控えられているのが特徴です。

また、消化力も衰えてきますので、
内臓に負担がかからないよう、
ナトリウムなどの一部栄養素も抑えてあります。
老犬用のフードに切り替えるタイミングは、
それぞれの犬の運動量などによって異なります。
5才を過ぎて、急に運動量が減ったり、
散歩時間も短くなった場合には、
老犬用のフードに切り替えてください。

また、運動量は多いけれども、便がゆるめになった場合には、
消化能力が低下していることが考えられるので、
消化が良いように工夫された老犬用のフードに替えます。
その際は、運動量に見合う栄養分を補うために、
鶏肉や半熟卵、チーズなどの高蛋白・低脂肪の
副食品を一緒に与えるようにすると良いでしょう。

ドライフード

画像がうまく表示されないときはコチラ
ドッグフード ドライフード 高齢犬用
ウェットフード

画像がうまく表示されないときはコチラ
ドッグフード ウェットフード 高齢犬用

■間食(おやつ)
ジャーキー、クッキー、ガムなど、いわゆるおやつです。
トレーニング時のご褒美や楽しみとして与えるには最適ですが、
栄養バランスとしては偏りがありますので、与えすぎには注意が必要です。


画像がうまく表示されないときはコチラ
ドッグフード おやつ

■目的食
「一般食」「副食」「カロリー補給食」「栄養補完食」などの表示があり、
嗜好を高めたり、特定の栄養の調整、
カロリー補強などがしてあるものを指します。
使用している素材を限定したり、栄養素を調整した、
病気に対応するための特別療法食というものもあります。


画像がうまく表示されないときはコチラ
ドッグフード 特別療法食

犬の年齢に必要な栄養素やカロリーを考えると
犬の年齢に合った食事をあげたいものです。
ペットの健康は食事と運動から。
適切な質と量の食事はフード選びから、
運動は当霊園ドッグランをご利用ください。

| フード | 14:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。